次は何で選ぶ?乗り換えウォーターサーバー 性能は?

まずは、最近のウォーターサーバー事情について調べてみました。ウォーターサーバーの乗り換えを急ぐ前にご覧ください。

最近のウォーターサーバ―には、ここ数年になってなかった新しい技術がいくつか導入されていたりします。今までとは違う観点で作られているウォーターサーバーもあるので、今お使いのウォーターサーバーと性能を見比べてみることをオススメします。

それでは、性能面でどのような変化があるのか?あなたの現在お使いになっているウォーターサーバーとどのような違いがあるのか?比べてみて下さい。

<性能面>
最近のウォーターサーバーは、便利な機能や以前にはなかった新機能付きのウォーターサーバーが出てきているんです。
例えば、サントリーと後数社が出しているウォーターサーバーでは、温度設定を4段階から選べるタイプのウォーターサーバーがあります。
具体的には、温度設定は(冷水)4℃~9℃、(常温)12℃~15℃、(高温)85℃~92℃、(弱温)70℃~75℃と4段階の温度を選べちゃいます。
「冷水」、「高温」はもちろんですが。「常温」、「弱温」も選ぶことができます。「弱温」は、赤ちゃんがいるご家庭にオススメしたい機能です。
赤ちゃんのミルク用に適温にするのって面倒ですよね。この機能を使うとちょうど良い温度でミルクを作ることができるので、赤ちゃんを待たせずにすぐ飲ませることもできます。

<省エネタイプ>
近年、省エネ機能付きの家電って注目されていると思いますが、ウォーターサーバーにも、省エネやエコモードを配置したタイプのウォーターサーバーが出てきているんです。

・先進のICチップを搭載することで、電子制御により温度コントロールをしてくれるのもの。
・消費電力を最大で60%抑えてくれる省エネタイプのもの。
・部屋の明るさを感知することで、不要な電力消費を抑える省エネ機能の搭載のもの。
少しでも電気代を安くすませたいですよね~そんな方に省エネ機能は嬉しい機能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です